適応力が必要となるジョブホッパー

別の仕事をしたいと考えて転職をしたときに苦労になることが多いのが、新しい職場に慣れることである。エンジニアの場合には自分の特技を活かして働けなければ意味がないので、うまく職場の仕事に自分を合わせて働けるようになる努力が必要になる。
転職をして新しい会社に入ったら、まずは今までの経験では対応できない部分について迅速に学ばなければならないだろう。それが転職先の会社の慣習である場合もあれば、エンジニアとして新たに習得しなければならない技術である場合もある。必要なことを学んで仕事に対応できるようになるとようやく一人前として働けるようになるが、それまでの道のりが長いことも多い。
ジョブホッパーになるとこれを繰り返し行わなければならないのが苦労になりやすいが、転職で努力した後も気を緩めることなく新しい会社で学ぶことに執心することが肝心になるだろう。その職場でまた成果を上げなければ、その会社に残るか転職するかを決めにくく、転職すると決めたらその成果がなければ難しくなりがちだからである。
しかし、このような苦労もジョブホッパーと呼ばれるような段階になるとほとんど感じなくなっていることも多い。ただ課せられた仕事をしているよりも、新しいことを学んでいる方が刺激になってやる気が出ると言うことが良くある。同じ職場で働いていて刺激に飢えてしまったために、転職をしようと決断する人もいるだろう。そのように刺激を求めて、ジョブホッパーになる人も少なくないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です