ジョブホッパーが転職するために

転職回数が何度もある人は、ジョブホッパーと呼ばれている。ジョブホッパーに対して、良いイメージを抱く人は少ない。一般的な理由としては、短いサイクルで仕事を変えることが、その人の忍耐力が低いと判断される材料になるからだ。
エンジニアという職業に関しても同じことが言える。エンジニアの数は不足しているのだが、転職回数が多いことが転職に不利になることは否めないだろう。しかし何度も転職を繰り返していたとしても、その都度エンジニアとしてキャリアアップを遂げている人がいることも事実だ。
面接の際、転職回数が多いことに対して面接官が感じるのは、「この人はすぐに会社を辞めてしまうのでは?」と言うことだ。しかし転職回数が多くてもしっかりとキャリアアップしている人は、エンジニアとしてのキャリアに一貫性を持っている。つまりなぜその業界・職種に転職したのかと言う理由が重要になってくるのだ。エンジニアとして何がしたくて、そのために何に取り組んできたのかと言うことに一貫性を持っているのであれば、面接官は前職の退職理由に納得してくれる。単に職場と合わないなどと言った理由では、信用してもらうことは難しいだろう。このためには冷静な自己分析及び企業分析を経て、自分の持っているスキルをどう活かせるかを考えることが大切だ。
転職回数が多いと言うことは、逆に言えばエンジニアとして多くのフィールドで経験を積んできたと言うことでもある。職場で積んだ経験やスキルを、転職したいと考えている職場でどう活かしたいかを明確に伝えることができれば、仕事のできるジョブホッパーとして認めてもらうことも可能になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です