二種類に分類される転職理由

IT業界で働いているエンジニアはそれぞれが個性のあるスキルを持っていて、仕事に対して抱いている目標も違っている。スキル面での特徴を活かすことができれば転職しやすいのはIT業界の特徴であり、ジョブホッパーとなっているエンジニアも少なくはない。定職に就けるようになるまでに何度も転職を繰り返す人の中に、最終的にはジョブホッパーとして会社を転々としながら働く人もいるのが現状である。
IT業界のジョブホッパーには特徴があり、大別すると次の二種類のどちらかに分類することができるだろう。一つは自分の希望に合っている職場を見つけられずに転職していると言うものである。エンジニアとしての個性が会社の方針や仕事内容に合致しなければ満足な環境でやりがいのある業務に従事することはできない。その条件を満たしながら給料などの待遇面も満足できる職場を探していると、なかなか一つに定まらずに転々としてしまうことが多い。
もう一つはそれまでの経験を生かして、キャリアアップのために職場を変えていると言うものである。転職によってより大きな会社で働いたり、小さな会社で管理職になったりすることが良く目指されている。
能力重視で転職志望者を受け入れる体制ができているのがIT業界の特徴であり、上昇志向のあるエンジニアほどこのような判断をすることが多くなっている。エンジニアとしての特性がこの二つの方向性でジョブホッパーを生み出すことになっているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です